守り髪って何か使い方とかあるの? って気になった

プロ直伝の守り髪の使い方とは一体どのような方法なのでしょうか?
やはり普通の使い方とは違っているのでしょうか?
プロ直伝のヘアケア方法をチェックしてみましょう。

 

まずはブラッシングです。
バスルームに髪の毛をブラッシングせずそのまま入っているという女性はいませんか?
実はこのブラッシングで多くのほこりや汚れを落とすことができるんですよ。
また髪の毛のほつれを取る意味でもブラッシングは大変重要な役割を果たしています。

そしてシャンプーする前にぬるま湯で地肌まで水が浸透するまでしっかりすすぐことが大切です。
あくまで表面だけを濡らすのはNGです。
表面だけ洗っても地肌がしっかり洗えていなければシャンプー自体していないようなものですからね。

そして守り髪をてのひらにとり、水を含ませよく泡立てていきましょう。
大きなリンゴサイズまで泡立てるのが理想的ですね。
ソープナッツエキスを配合してあらうのでキメ細やかな泡立ちの良いものができるでしょう。

そして地肌を爪を使ってマッサージするように洗います
髪の毛を洗っていると言うよりは地肌を洗うという感覚に似ています。
その後はよくすすぎ、洗う時間の2倍を目安にすすぎましょう。

トリートメントは毛先を中心によく馴染ませ、3分から5分置いてよくすすぎます。
この時トリートメントは地肌にはつけないようにしましょう。

そしてバスタイムが終わった後、すぐにタオルドライしてからドライヤーで一気に乾かすとさらっさらの指通りの髪の毛に変身です。
ドライヤーのコツは根元からしっかり風を通して根元は完全に乾かしましょう。
それから広がりやすい髪の毛を上から下へ、キューティクルが剥がれないように髪を抑えつけるように上からブローすると良いでしょう。

 

このような使い方によって守り髪の効果は期待されます。
さらさら、変わった!
という実感をすぐに持つことができるでしょう。
ドライヤーは風量が強いものを使ったほうがベストですから、そのようなドライヤーを揃えておくのも良いですね。